スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスクリーニングの新聞記事

読売新聞でハウスクリーニングの記事がありました。
年末の時期になると、ハウスクリーニングの記事が
ちょくちょく、取り上げられます。

■ダスキンサービスマスター

■おそうじ本舗

■アートコーポレーション

■おそうじ宅配便

大手4社のサービス内容が、比較されてます。

以下、その内容です。

◆間取りや家具の量 価格設定よく確認を
 プロの作業員が、家の中を徹底的にきれいにしてくれるハウスクリーニングサービスが人気だ。日ごろ忙しい共働きの世帯や高齢者世帯など幅広い人たちが活用している。年末の大掃除に利用する人も多いという。料金は各社が目安となる参考価格を公表しているが、追加サービスの有無や家具の多さ、地域によっても異なる場合がある。事前の見積もりで確認したい。

 ダスキンが展開する「ダスキンサービスマスター」は、独自開発の薬剤を使って徹底的に汚れを落とすのが売りだ。部屋全体の掃除以外に、台所や風呂場、トイレ、エアコンなど、場所単位でサービスを受けることもできる。全自動洗濯機を分解して洗ってくれるサービスもある。

 作業内容や価格は、プロの作業員が見積もりをした上で決める。基本のAコースは5万8800円から。

 「おそうじ本舗」を全国展開する長谷川興産の「在宅まるごとクリーニング」は、間取りに応じて基本料金が決まる。1K、1DKなら3万3600円からだ。台所やトイレ、ガラス・サッシなどは基本料金に含まれるが、床や壁は別料金となる。フローリングの場合は1畳分あたり1050円から。古くなった浴室の鏡やガラス窓などにこびりついた汚れを取る特殊クリーニングも追加できる。

 アートコーポレーションのサービスは四つのコースがある。台所と風呂場、洗面所、トイレが含まれる「ファミリーコース」(1万5750円から)、居室のワックスがけも行うコース(4万2000円から)まで、掃除の必要な部分に合わせて選べる。もともと引っ越しで退去する際の付加サービスだったため、「大家が気にする細かいところの汚れにも目が届く」(企画広報室)という。

 住友不動産の「おそうじ宅配便」は、面積で料金が決まる。家全体を掃除する「まるごとコース」は、マンションの場合、50平方メートルまでなら6万円から。作業員2人が2時間単位で部分的に掃除するコース(1万8900円)もある。台所や窓ガラス、草取りなどのメニューの中から、希望の場所を選ぶ。2時間で3か所程度が掃除できるといい、「子育てで忙しい主婦が、少しだけ楽をしたいときなどに便利」(広報部)という。

 年末の大掃除の時期は、フル稼働を見込む会社が多い。早めに見積もりや予約を済ませた方が良さそうだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
平方メートルについて
平方メートル平方メートル(へいほうメートル、square metre、記号:m2)は、国際単位系(SI)における面積の単位である。1平方メートルは、一辺の長さが1メートルの正方形の面積と定義される。日本では、メートルを「米」と書くことから、「平方米」を略して平米(へいべい)

単位がないと不便|2007/06/18 04:14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。